ご挨拶

今、古民家がブームになっております。
古民家は先人の知恵が詰まっており、その風土に根差し過ごしやすい作りになっています。
材料も、その土地で採れた欅や松など、現代では高級で高額な材木が沢山使われている建物が多く、自然乾燥する中で強度も増していくのです。
 
しかしその古民家も正しいメンテナンスをしないと朽ちて危険な建物となってしまいます。
当法人では、床下点検ロボット(moogle)を使った床下インスペクションを行い、依頼者にも床下の状態をしっかり確認して頂きメンテナンスや補修方法のご提案をさせて頂きます。
 
「大切な古民家に安心して住んで頂きたい」そんな想いから当法人を設立しました。
床下の事、お気軽にご相談下さい。
 

全国床下インスペクション協会 沖縄支部

支部長 善武順(ヨシ タケノリ)